転職について

35歳転職限界説は有名ですよね。この説は35歳以上になると転職することができなくなるというものです。本当に、そうなのでしょうか?本当のところは、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。現在はどの企業も生き残るために懸命の努力を行っていますから、年齢だけで選定している場合ではないのでしょう。特にやりたいこともなしに大学を卒業し、仕事を探そうとしても、希望通りの仕事に就くのは難しいです。そのせいで、仕事に希望を持てずに辞職してしまい、新たな職に就いて、辞めてという負の連鎖にはまってしまいがちです。適職に少しでも近づく為には幼い頃から確固たる夢を持ち、頑張ることが大切です。

会社を辞めた後、生活を送っていただけだったり、失業給付を受けとるだけで、真剣に就職活動などをしていなかったりすると、職に就いていなかった月日が長ければ長いほど、転職の際に不利になるでしょう。可能ならば面接官が納得するような理由を言えるように転職サービスといったものがありますが、一回で全部支払われるのではなく、一年十二回の分割で振り込まれるケースが多く、お祝い金制度を行っていない転職サービスの方が、質の高い求人情報を集めていたり、面接に通りやすくなる場合もあります。

大学を卒業する見込みのある人が就活を始める時期については、遅くとも大学3年生の後期頃から始めるのがいいと思います。また、既卒の状態でまだ就職に至っていない方は、早めに就職できるように、応募しようと思っている企業が求人募集の公示があった時から迅速に活動をするべきです。転職の時、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取っているとPCスキルがあることについて証明してくれるこのMOSという資格を得ることで、マイクロソフト社のワードやエクセルなどに必要な知識とか技術が証明されるのです。

このページの先頭へ

inserted by FC2 system